安全にお金を借りるには?できるだけ早く簡単に借りる方法まとめ

お金を借りたい、でも初めてだとどこで借りればいいかわからないと悩んでいませんか?

一口にお金を借りるといっても、方法は様々。どうしても今日中にお金を借りたい人、少しくらい時間がかかってもいいから金利が低い方がいい人などその人の状況次第で適切な方法が違います。

また、会社員なのか学生なのか専業主婦なのか、その人の職業によっても借りやすい方法が違いますので、闇雲に借りようとしないことが大切です。

そこで、状況別にお金を借りる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。自分に適した方法がきっと見つかります。

どうしても早く借りたい!今日中にお金を借りる方法

急にやってくるお財布のピンチ。お金がない時に限って、何かが起きるものです。

そんな時でも慌てない。当日中にお金を借りる方法がいくつかあります。担保があれば、審査なしで借りることも可能です。

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードには、お買い物をするためのショッピング機能のほかに、お金を借りることのできるキャッシング機能がついたものがあります。

すべてのクレジットカードについているわけではないので、一度自分のクレジットカードを確認してみてください。カードのマイページ、もしくは利用明細書などで確認できるはずです。

キャッシング枠があれば、その範囲内でお金を借りることができます。

この枠は人によって違いますが、たとえばショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円となっていれば、そのカードの総利用可能額は50万円、そのうち20万円まで借りられる、という意味になります。

ショッピング50万円+キャッシング20万円の合計70万円ではありません。もし、ショッピングで40万円使っていたとしたら、キャッシング枠として使えるのは10万円になってしまう、という点に注意してください。

キャッシングはATMからできます。預金を引き出す時のように、クレジットカードを入れて金額を指定します。キャッシング可能な金額はクレジットカードによって違いますが、多くは1万円単位です。

返済は、基本的には次のカード引き落とし日に、ショッピング分と一緒に引き落としされます。もし振込等、他の方法で返済したい場合には、それが可能かどうかクレジットカード会社に聞いてみると良いでしょう。

質屋で借りる

質屋は、品物の価値に応じてお金を貸してくれるところです。審査はありませんし、本人確認さえできればその場でお金を貸してくれます。

これは、古物営業法によって中古品を買い取る時には本人確認が義務付けられているためで、氏名や住所を確認できる免許証、保険証などの身分証明書が必要です。

あとは品物を持ち込むだけ。とはいえ、質屋は不用品の買取業者ではないので、持ち込む品は厳選しなくてはなりません。

たとえば、ブランドものといっても、貴金属やバッグなら質入れできるけれど、洋服は対象外のこともあります。どんなものを質入れできるか、事前に確認してから行った方が良いでしょう。

銀行の自動融資機能

銀行で定期貯金を持っている人や、カードローンの契約をしている人は、自動融資機能を使えることがあります。

残高が不足している場合、たとえば10万円必要なのに口座には3万円しか入っていない、そんなとき「10万円」と指定すれば10万円が出てきます。これが自動融資機能です。

総合口座を持っていて、担保となるような定期預金を持っている場合と、総合口座とは別にカードローン口座を持っている場合など、条件は銀行ごとに違いますので、一度確認してみましょう。

郵便局の貯金担保自動貸付

郵便局の自動貸付も、銀行の自動融資と仕組みは同じです。

  • ゆうちょ銀行に定期貯金がある
  • 総合口座を持っている

この条件があり、一度窓口で手続きを済ませている人は、お金が足りない時に自動貸付を利用できます。

借りられる金額は、定額貯金の9割もしくは300万円までです。

自動融資なので、ATMでお金を引き出す時と同じくキャッシュカードを入れ、必要な金額を指定します。

残高が足りなくても自動的に補ってくれます。口座に2万円しか入っていなくても、5万円と入れれば自動的に3万円補ってくれるのです。

返済は口座にお金を入れるだけですので、コツコツ返してもいいし、余裕がある時にまとめて返してもOKです。

実質、返済期限がないようなものですが、定期貯金の満期が来る前には返済しておかなくてはなりません。

満期を迎えた時に未返済分があるとその分が差し引かれてしまいます。その点だけ注意してください。

生命保険の契約者貸付

生命保険は、解約した時に返礼金を受け取れるタイプがあります。その返戻金を担保にお金を借りられるのが契約者貸付です。

契約者貸付は、解約金の7割程度のお金が借りられる他、金利が5%程度と非常に低く、返済も自由です。

しかも、14時までに手続きが完了すれば当日中に振り込んでくれるところが多いので、即日でお金を借りられる可能性があります。

何よりのメリットは、保険を解約しなくてもお金が手に入るということです。返済期日も自由ですし、非常に借りやすい制度と言えるでしょう。

ただし、返済が済んでいない時に保険を請求しなければならない事故等が起きた場合、満額の保険を受け取れなくなります。事故や病気はいつ遭遇するかわかりません。そのための保険なので、借りるのは返済の当てがある場合のみにしておいた方が良さそうです。

担保不要!即日でお金を借りるなら消費者金融カードローン

担保にする貯金がない、質入れできるようなブランドものや貴金属もないという人におすすめなのが、消費者金融カードローンです。

空いている時間に申し込めば、その日のうちに融資を受けることも可能ですし、一度契約すれば利用可能枠の範囲内で何度も借り入れができるので、とても便利です。

優先審査もしてくれるSMBCモビット

SMBCモビットのお急ぎポイントは、WEB完結ができるということ。申し込みから審査結果がわかるまでは最短30分、融資までは最短60分です。

WEB完結を選択すると在籍確認の電話もなしにできるため、審査がスムーズに進みます。カードの発行はなく、スマホで借り入れができます。

なお、週末や夜は申し込みが込み合いますので、最短30分で審査をして欲しい人は平日の19時までに申し込むことをおすすめします。

また、どうしても今日中にお金を借りるなら、申し込み後にフリーダイヤルに電話をし、急いでいることを伝えてください。審査をすぐに開始してもらえます。

必ず審査に通るという保証はないですが、少しでも早く結果がわかるのは嬉しいですね。

SMBCモビットは振込も数分でしてくれますので、少しでも早く融資して欲しい人におすすめです。

【SMBCモビットカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した定期収入のある方
実質年率 3.0%〜18.0%
カードローンの特徴 ・最短30分で審査完了
・WEB完結で在籍確認の電話なし
・郵送物なしでカードレス
・申し込み後に電話で優先審査

「瞬フリ」は最短10秒!プロミス

プロミスも、審査・振込ともに早いことで定評があります。融資までは最短60分なので、確実に当日融資を狙うなら平日のなるべく早い時間に申し込みましょう。

プロミスには初めて利用する人のために30日間の無利息期間がついています。

実際にお金を借り入れしてからスタートしますので、30日以内に返済できれば利息を支払わなくて済むのも嬉しいところです。

なお、プロミスの上限金利は17.8%。他社のほとんどが18.0%であるため、少しでも金利を抑えたいという人にもおすすめです。

借り入れは振り込みが早いです。申し込んでから最短10秒で指定の口座に振り込んでもらえます。

【プロミスのフリーキャッシング】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した収入があること
実質年率 4.5%〜17.8%
カードローンの特徴 ・上限金利17.8%
・審査は最短30分
・WEB完結可能
・借り入れからスタートする30日間無利息期間あり
・契約後は最短10秒で振込

むじんくんでカード受け取り!アコム

アコムは振込でも現金での借り入れでも早いのがメリットの一つ。

すぐに現金で借りたいという人は、WEBから申し込みをして、最短30分で結果が出ますので、その間にお近くのむじんくんに足を運びましょう。

審査を通過したら契約手続きに進みます。融資までは最短60分です。

契約ができたらむじんくんでカードを受け取り、併設されているATMを使えば現金の借り入れが可能です。

もし振り込みが良い場合には、楽天銀行に口座のある人は最短1分で振り込みしてもらえます。その他の金融機関でも、メンテナンスの時間等をのぞきその銀行が対応している時間であれば、1分ほどで振り込み可能です。

【アコムのカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した収入がある人
実質年率 3.0%〜18.0%
カードローンの特徴 ・審査は最短30分
・最短60分で融資
・むじんくんでカード受け取り
・30日間の無利息期間あり

優先審査をしてくれるアイフル

急いでいる人の強い味方、アイフル。審査が最短25分と早いだけでなく、申し込んでから電話をかけると優先的に審査を開始してくれるのです。

融資までは最短60分ですから、申し込む時間によってはその日のうちにお金を借りることも可能です。

審査は21時までなので、急いでいるなら遅くとも20時までには申し込みましょう。

アイフルでは、他社が行っているような在籍確認の電話を原則としてかけていません。ですから電話対応をする必要がなく、会社が休みの日に申し込んでもスムーズに審査が進む可能性が高いです。

会社に電話をかけられたくない、なるべく早く借りたいと思っている人におすすめです。

【アイフルのキャッシングローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 定期的な収入がある人
実質年率 3.0%〜18.0%
カードローンの特徴 ・WEB完結で在籍確認なし
・カードレスで郵便物なし
・電話をかけると優先審査してくれる
・30日間の無利息期間あり

21時までの手続き完了で即日振込!レイクALSA

レイクALSAでは、平日の21時(日曜日は18時)までに審査を通過し、契約手続きまで終われば当日中に振り込みをしてもらえます。

何とか当日中に口座にお金を入れて欲しいと思っている人にとってはありがたいのではないでしょうか。

また、他社にはない魅力として、選べる無利息期間があります。無利息期間とはその名の通り利息がゼロになる期間のことですが、30日程度が一般的です。

ところがレイクALSAは最長180日間!半年も利息がつかないカードローンは他にありません。

急いでお金を借りたい、そしてできるだけお得に借りたいと思っている人におすすめです。

【レイクALSAのカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳以下
申込要件 安定した収入がある人
実質年率 4.5%〜18.0%
カードローンの特徴 ・審査結果は最短15秒で表示
・平日21時までの契約完了で即日振込もできる
・電話、自動契約期はその場で審査結果回答

消費者金融カードローンで即日融資を受けるコツ

消費者金融カードローンは、数あるカードローンの中で最も融資が早いものです。

しかしそれには、抑えておくべきポイントがあります。場合によっては翌日以降になってしまいますので、急いでいる人は以下の点に気をつけて申し込んでください。

WEBまたはアプリで申し込む

カードローンにはいくつか申し込み方法があります。店舗の窓口で申し込んだり、自動契約期を使う方法もありますが、最も手軽で早いのはWEBから申し込む方法です。

インターネット(スマホまたはパソコン)もしくはスマホアプリを使えば、書類のアップロードも簡単ですし、家から出なくても申し込みができるからです。

申し込み内容は正確に!

WEBから申し込む時に注意をしなくてはいけないのが、「正確に入力する」という点です。

特にスマホで入力するときは気をつけてください。うっかりタップミス、変換ミスで内容を間違えてしまうことがあるからです。

自分の情報なんて間違えるはずがないと思うかもしれませんが、意外とあるので注意しなくてはいけません。

特に勤め先の情報は重要です。会社の住所や電話番号を間違えてしまうと在籍確認がとれず、審査を通過することができません。

また、明らかな入力間違いだと思われて、内容確認をしてもらえればまだいい方です。当日融資ができなくても、審査を通過することはできる可能性があるからです。

しかし、勤め先や他社の借り入れなど重要な情報を間違えて入力した場合、それが「嘘」だと判断されたらそこでアウト。審査に落ちてしまいます。

申し込み内容は間違えないよう、正確に入力しましょう。

必要な書類を事前に揃えておく

カードローンの申し込みには本人確認書類が必要です。基本的には運転免許証など写真入りの公的な身分証明書が本人確認書類として認められます。

もし免許証がない場合には、健康保険証や住民票の写など補完する書類が必要となりますが、何点必要かはそのカードローン会社によって違いますので、事前に確認しておきましょう。

また、融資額によっては収入を証明する書類が必要になることもあります。勤めている人なら源泉徴収票や給与明細、個人事業主なら確定申告書などが必要です。

一応、50万円以下もしくは他社の借り入れと合わせて100万円以下であれば不要なのですが、審査の過程で求められることもありますので、用意しておくに越したことはありません。

申し込みをしてから探すのではなく、申し込みをする前に全て揃えておくとスムーズに審査を進められます。

空いている時間に申し込む

狙い目は、平日の午前中です。

週末や18時以降の仕事が終わった時間帯は申し込みが混み合うこともあるので、空いている時間に申し込むことが最短時間で審査をしてもらうコツです。

申込先は1社に絞る

もしかしたら審査に落ちてしまうかもしれないと思って、いくつものカードローンに一度に申し込んでしまう人がいますが、それはやめておきましょう。

申し込みをすると、必ず信用情報機関というところに照会が入ります。信用情報機関とはお金に関する情報が集められているところで、カードローンやクレジットカードの申し込みの情報もわかるようになっています。

短期間にいくつものカードローンに申し込んでいると、

  • 他のカードローンでは審査に通らなかった
  • お金に困っているからたくさん申し込んでいる

と思われて、審査には不利になるからです。

それが理由で審査に落ちる可能性もありますので、申し込みをするときは1つに絞った方が安全なのです。

電話をして急いでいると伝える

SMBCモビットとアイフルは、電話をかけることで優先審査をすると公式サイトに明記されていますので、急いでいるなら電話をした方が良いでしょう。

他のカードローンについても、特に明記はされていないものの、電話をして頼めば考慮してくれる可能性はあります。

在籍確認をクリアする

審査の終盤で行われる、在籍確認。これは、どのようなカードローンでも避けて通ることができません。

注意しなくてはいけないのは、

  • 自分で電話に出られない人
  • 電話をかけてほしくない人
  • 会社が休みの日に申し込みをしたい人

です。

通常は、自分で直接電話に出なくても、出た人が「◯◯は席を外しております」等の対応をしてくれれば在籍していることはわかるので何の問題もありません。しかし、個人宛の電話は取りつがないことになっているなど、職場の環境によっては難しいこともあると思います。

消費者金融カードローンは早ければ審査完了が30分ですから、申し込んで間もなく電話が来ることもあります。その前に対応しなくてはなりません。

申し込んだらすぐに、フリーダイヤルに電話をします。そして、電話が取れない事情を話し、書類など他の方法で審査をしてもらえないか相談してみてください。

会社名のわかる直近の給与明細などで確認してもらえる可能性があるからです。

銀行カードローンではほぼ無理な対応ですが、消費者金融はユーザーの利便性を考えてかなり柔軟に対応してくれます。諦めずに相談してみましょう。

金利が低め!ただし銀行カードローンは少し時間がかかる

消費者金融は最短で即日融資が可能ですが、残念ながら銀行カードローンではそれができません。

ただし、金利が低めというメリットもありますので、即日融資できない理由とともに、おすすめのカードローンもご紹介しましょう。

警察庁のデータベースに照会する必要がある

銀行カードローンは、かつて反社会勢力との繋がりが問題になったことがあります。

それから申し込みがあった際には銀行から警察庁のデータベースに照会をし、申込者が反社会勢力と繋がりがないかを確認しなくてはいけないことになったのです。

照会自体はすぐにできますが、回答が来るのが早くても翌日以降になってしまうため、最短でも翌日の融資になってしまうということです。

ですから、当日中に融資して欲しいと思っている人には、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンの方がおすすめなのです。

金利は全体的に低い

ただし、消費者金融カードローンと比べると、銀行カードローンの方が金利が低め、というメリットもあります。

金利を比べる時には、「○%〜●%」の○ではなくて、●、つまり上限金利の方で比較します。

というのも、借入額が高いほど金利は下がっていきますが、初めて借り入れする時にはそれほど高額な融資は受けられません。新規融資の時には上限金利が適用されることが普通です。

消費者金融の上限金利は18.0%ですが、銀行カードローンなら14.0%〜15.0%程度です。

3.0%〜4.0%ほど低いので、早さよりも金利の低さを重視したい人には銀行カードローンがおすすめです。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」はカードの郵送なし可能

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、銀行カードローンには珍しくカードの郵送をなしにできます。

カードを家に送られたくない人は、運転免許証を持っていれば三菱UFJ銀行の中にあるテレビ窓口でカードを発行することができるので、家族にバレるリスクを減らせるでしょう。

借り入れも返済もATM利用手数料が無料というのもうれしいところ。

メガバンクのカードローンということで、安心感を覚える人も多いのではないでしょうか。

条件等 内容
申込年齢 20歳以上65歳未満
申込要件 安定した収入があること
実質年率 1.8%〜14.6%

みずほ銀行カードローンはキャッシュカードをそのままローンカードに

みずほ銀行カードローンは、すでにみずほ銀行に口座を持っている人なら、「キャッシュカード一体型」にできるので、今のキャッシュカードをローンカードとしてそのまま使えます。

ですので、契約手続きが済んだら今あるカードですぐに借り入れができます。

みずほ銀行の口座がない人は、ローンの申込と同時に口座開設を申し込むこともできますし、先に口座を開設して、後からローンの申し込みをしてもどちらでもOKです。

いずれにしても、みずほ銀行の普通預金口座が必要になります。

カードローンの「うれしい特典」が大きなメリットで、

  • みずほ銀行とイオン銀行のATMの時間外手数料0円になる
  • みずほ銀行から他行宛振込手数料が月3回まで0円になる

などの特典がついています。

キャッシュカード一体型ですと自動貸越機能もついているので、普通預金が足りない時に足りない分を自動的に補ってくれます。
【みずほ銀行カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上66歳未満
申込要件 安定した収入があること
実質年率 2.0%〜14.0%

口座不要の三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座が不要です。また、オンライン本人確認によって、手続きは全てWEB完結が可能です。

とはいえ、口座があった方が便利なのがこのカードローン。

口座ですでに本人確認ができていますから、ローン申し込み時の入力項目が少なくてすみますし、手持ちのキャッシュカードで借り入れができます。

「お借り入れ10秒診断」がありますので、年齢、年収、他社の借り入れ金額の3つの項目で簡単に診断ができます。初めての人は10秒診断をやってから申し込むと安心でしょう。
【三井住友銀行カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した収入があること
実質年率 1.5%〜14.5%

地方銀行カードローンも利用してみよう

地方銀行でもカードローンには力を入れています。

メガバンクは大口融資がメインですが、地方銀行は地元の企業やそこに住んでいる人たちを対象に融資を行なっているため、

口座がなくても申し込める横浜銀行カードローン

銀行カードローンは、通常その銀行の口座を持っていなければ申し込めない場合が多いです。口座を持っていなければカードローンの申し込みと同時に口座の開設もしなくてはなりません。

その点、横浜銀行カードローンは横浜銀行に口座がなくても申し込みOKとなっています。

しかも、ローンカードが届く前に融資が可能で、契約と同時に希望した金額を口座に振り込んでくれます。

金利も低めですし、これ以上口座を作りたくない人、できるだけ早く振込をしてくれるカードローンを探している人におすすめです。
【横浜銀行カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定した収入のある人
※パート、アルバイトは可、学生は不可
※安定した収入には年金を含む
実質年率 1.5%〜14.6%

中京銀行カードローン「C-Style」

銀行カードローンは審査が厳しいイメージがあると思いますが、パートやアルバイトでも申し込み可能なのが、中京銀行カードローン「C-Style」です。

スマホから申し込んで契約まではWEB完結できますし、契約完了後はすぐに振り込みを依頼できます。

即日融資は難しいものの、ローンカードが届く前にお金を借りることは可能です。
【中京銀行カードローン「C-Style」】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上75歳未満
申込要件 安定継続した収入のある人
※パート・アルバイト・年金受給者もOK
実質年率 4.9%〜14.5%

地元の信用金庫カードローン

信用金庫とは、地方銀行よりもさらに小さな単位で街のサポートをしている金融機関です。地元の中小企業や個人への融資が中心です。

地方銀行よりもさらに金利が低いカードローンもありますので、金利の低さを重視したい人にはおすすめです。

東京信用金庫の「カードローンJOY」

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低い商品が多いですが、東京信用金庫のカードローンは11.5%とその中でも一段と低いです。

営業区域内に勤め先、もしくは住所がないと利用できないのですが、金利を重視する人にはとてもおすすめのカードローンです。

融資限度額はそれほど高くはなく、

  • 10万円
  • 30万円
  • 50万円
  • 100万円

の4種類。主婦、パート、アルバイトの方は10万円か30万円コースのみとなります。

ローン利用には口座開設が必須となりますので、先に開設しておいた方が手続きがスムーズです。
【東京信用金庫の「カードローンJOY」】

条件等 内容
申込年齢 満20歳以上65歳未満
申込要件 営業区域内に勤務先もしくは住所がある個人
実質年率 11.5%

大阪信用金庫の「DOカードローン」

こちらも上限金利はかなり低め。それでいて、最高1,000万円までの融資額が設定されている、大阪信用金庫のカードローンです。

住宅ローンを利用している人が、このカードローンの申し込み方法でWEB完結型を選択すると、金利がさらに0.2%下がります。

なお、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込み可能ですが、配偶者の収入が年金のみの場合にはできませんので、注意してください。

【大阪信用金庫の「DOカードローン」】

条件等 内容
申込年齢 満20歳以上65歳以下
申込要件 ・営業区域内に勤務先もしくは住所がある個人
・継続安定した収入のある人
※パート、アルバイト、専業主婦もOK(ただし上限30万円まで)
※年金受給者不可
実質年率 3.0%〜12.50%

金利と早さ両方を兼ね備えたネット銀行が狙い目

ネット銀行はもともとリアル店舗を持っていませんので、ネットでの手続きの速さには定評があります。

メガバンクよりも審査がスムーズで、最短翌営業日にはお金を借りることができるかもしれません。おすすめのカードローンをいくつかご紹介します。

スマホアプリで完結!PayPay銀行カードローン

2021年4月にジャパンネット銀行からPayPay銀行に社名変更され、従来のカードローンがPayPayアプリからも使えるようになりました。

他の銀行カードローンとの大きな違いは、スマホアプリで借り入れができることでしょう。アプリを操作するだけでPayPay銀行口座に即入金してくれます。

もちろんATMでも利用可能。キャッシュカードをローンカードがわりにして、ATMから現金を引き出すこともできます。

銀行カードローンには珍しく、30日間の無利息期間がついているのも大きなメリット。しかも、初回の借り入れから30日間なので、とりあえず申し込みだけしておいて、本当に必要になった時にまとめて借り入れすれば、その時点から無利息期間がスタートします。

口座の残高が足りない時の残高不足サポート機能もついています。

ローンの契約さえしておけば、コンビニATMから出金したいときに残高が足りなくても自動的に不足分を補ってくれるので安心です。
【PayPay銀行カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳未満
申込要件 仕事をしていて安定した収入があること
実質年率 1.59%〜18.0%

楽天会員は審査優遇!楽天銀行スーパーローン

楽天市場をよく利用される方で、会員のランクが高い人は楽天銀行スーパーローンがおすすめです。

楽天のカードローンは会員のランクによって審査の優遇制度があるので、他のカードローンよりも審査を通過しやすいかもしれません。

入会でもれなく楽天ポイントが1,000ポイントもらえる、コンビニでのATM手数料が無料になるなど、特典がたくさんあるカードローンですが、楽天銀行口座があれば24時間365日、即時振込してもらえるというのが何よりのメリットではないでしょうか。

ちなみに専業主婦でも申し込みは可能ですが、融資限度額は50万円までになります。

【楽天銀行スーパーローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上62歳以下
申込要件 毎月安定した収入があること
実質年率 1.9%〜14.5%

口座開設不要のイオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、WEBで契約手続きまでできますので、来店も郵送の不要。

そしてイオン銀行の口座も不要であるため、ローンを利用するために新しい口座を増やしたくないという人におすすめのカードローンです。

ただし、イオン銀行に口座があれば、

  • カードが届く前に初回振込依頼ができる
  • キャッシュカードをローンカードにできるので新たなカードの発行なし
  • 残高不足の時の自動融資機能が利用可能

などのメリットがあります。

上限金利も13.8%と、銀行カードローンの中でも低いですし、イオン銀行ATM、コンビニATMでの出金は手数料無料で利用できます。

【イオン銀行カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上65歳未満
申込要件 安定かつ継続した収入がある人
※専業主婦(夫)も可
※学生不可
実質年率 3.0%〜13.8%

アプリで便利!セブン銀行カードローン

申し込み、口座開設、借り入れまで「Myセブン銀行」というアプリですべてできます。これから口座を開設する人でも、キャッシュカードが届く前にアプリで借り入れができるので便利です。

融資限度額はそれほど高くなく、100万円まで。限度額に応じて金利が設定されています。

  • 10万円・30万円・50万円:15.000%
  • 70万円・100万円:14.000%

セブン銀行ATMで借り入れするときも、手数料は無料。そしてダイレクトバンキングも利用できるので、すぐに口座に入金して欲しいというときも助かります。
【セブン銀行カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳未満
申込要件 セブン銀行の口座を持っており指定の保証会社の保証を受けられる人
実質年率 14.0%〜15.0%

他にもある、便利なカードローン

主要なカードローンをご紹介してきましたが、まだまだあります。

金利がお得になったり、金利以外のサービスがあったりするなど、便利に使えるカードローンをご紹介します。

信販系カードローン

信販系カードローンとは、クレジットカード会社などが扱っているカードローンのことです。

消費者金融と同じように貸金業法の適用を受けますが、消費者金融と比較すると金利が低めなのが嬉しいところです。

その中でも特に金利がお得になるカードローンが、三井住友カードのカードローンです。三井住友銀行のカードローンとは違う商品ですので、間違えないようご注意ください。

金利はもともと上限が15.0%と低めなのですが、返済実績に応じて毎年0.3%金利が下がります。最大で1.2%まで下がるので、使うほどにお得になるカードローンです。

【三井住友カード カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 安定収入のある方
※学生不可
実質年率 1.5%〜15.0%

ろうきんのカードローン

「ろうきん」は労働金庫の略で、全国各地に店舗があります。13のブロックがあり、基本的には、

  • 団体会員(労金に出資している労働組合の組合員)
  • 生協会員の組合員及びその家族
  • 一般の勤労者

が利用できる金融機関です。

組合員でなくても、「ろうきん友の会」に加入するなどして出資すれば、その区域に勤め先がある人、住んでいる人も利用できるようになります。

主に個人向けの融資を行なっており、カードローンもその商品の一つです。

それぞれのろうきんにカードローンがあります。

  • 北海道
  • 東北(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
  • 中央(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県)
  • 静岡県
  • 新潟県
  • 長野県
  • 東海(愛知県、岐阜県、三重県)
  • 北陸(富山県、石川県、福井県)
  • 近畿(大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、奈良県、滋賀県)
  • 中国(広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県)
  • 四国(高知県、香川県、徳島県、愛媛県)
  • 九州(福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県)
  • 沖縄県

金利はろうきんごとに違うのですが、4.0%〜9.0%程度ですので非常に低いです。

JAバンクのカードローン

JAバンクとは、JA(農業協同組合)、JA信連(信用農業共同組合連合会)、農林中金(農林中央金庫)からなる金融サービスです。

JAバンクには「JAネットローン カードローン」があり、24時間・365日ネットから申し込みができます。

金利は各JAで違うのですが、上限金利はおおよそ12.0%〜15.0%程度です。銀行カードローンよりもやや低め、といったところでしょうか。

例として、JA東京中央の金利などをご紹介します。
【JAバンク「JAネットローン カードローン」】

条件等 内容
申込年齢 満20歳以上70歳未満
申込要件 地区内に勤務先もしくは住所がある個人
継続して安定した収入がある人
実質年率 4.500%〜12.000%

金利の低い銀行の目的別ローンもあり

使う目的が決まっているのなら、フリーローンよりも目的別ローンを使った方が、断然金利を抑えられます。

目的別ローンとは、

  • マイカーローン:車の購入、車検代など
  • 教育ローン:子供の進学費用など
  • ブライダルローン:結婚式の費用など
  • メディカルローン:自由診療の治療費など

の種類があります。

使い道が限定されていることと、一度借りたら返済するまで追加の融資は受けられないなどの制約がありますが、その分金利が低くなっているのが特徴です。

ローンの種類によって違いはあるものの、およそ3.0%〜5.0%程度と非常に利用しやすい金利となっています。

契約書など、その目的で使うことがわかるような書類を用意しなくてはならない場合もあるので、融資までは少し時間がかかることもあります。

余裕を持って申し込むことをおすすめします。

スマホアプリでお金を借りる

カードレスで利用できるカードローンと同じようなものですが、申し込みから借り入れ、返済までアプリだけで済ませられるローンもあります。

LINEスコアが高いほど便利!LINEポケットマネー

LINEは単なるチャットツールではなく、LINEウォレットでは買い物ができたり投資ができたりするようになりました。そのサービスの一つ、LINEポケットマネーでは、LINEアプリからお金を借りることができるのです。

LINEのサービスを使うほどに上がるLINEスコアが高い人は、そのスコアに応じて限度額も高くなる仕組みになっています。

また、金利は低くないのですが、契約の当日から100日間の利息が全額キャッシュバックされます。100日間、実質利息がゼロになるという特典ですので、なるべく利息の支払いを抑えたいという人におすすめのローンです。
【LINEポケットマネー】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上65歳以下
申込要件 安定かつ継続した収入のある方
実質年率 3.0%〜18.0%

審査なしで使えるバンドルカード

バンドルカードとは、審査なしで作れるバーチャルカードのことです。

バーチャルカードなので、基本的にはネットショピングで使うものなのですが、リアルカードを発行することも可能。街でのお買い物にも使うことができます。

本来ならばお買い物に使うプリペイドカードなのですが、「ポチッとチャージ」というサービスがあり、口座にお金がなくても希望の金額を入れるだけでチャージをしてくれるのです。

返済は利用した翌月末。利息の代わりに手数料をプラスして返済します。クレジットカードのキャッシングようなものだと思ってもらえば良いでしょう。

ただ、ローンはもちろんクレジットカードも審査なしで利用することはできないので、審査に通る自信のない人は申し込みづらいと思います。

バンドルカードなら審査もなし、年齢要件などもありませんので、誰でも利用可能です。
【バンドルカード】

条件等 内容
申込年齢 特になし
申込要件 特になし
手数料 チャージ金額3,000円〜50,000円につき
510円から1,830円の手数料

3ヶ月金利0で使えるCREZIT

CREZITは、若年層向けに少額の融資が中心で、プランが2つしかありません。

  • ベーシックプラン:10万円まで
  • プレミアムプラン:50万円まで

申し込み当初はベーシックプランからスタートしますが、利用を繰り返すごとに信用度が上がり、それに伴って利用限度額も上がっていきます。最初は3万円だった人も、5万円、7万円と徐々に借りられる金額が増える仕組みとなっています。

そして驚くべきは金利ゼロの期間です。消費者金融などは30日間の無利息期間がつくことがありますが、CREZITのベーシックプランは3ヶ月金利がゼロ。

ベーシックプランの返済期間が最長3ヶ月なので、実質金利なしで返済できるということですね。

少額のお金を計画的に利用・返済できる人にとてもおすすめのローンです。
【CREZIT】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上
申込要件 安定した収入と返済能力のある人
実質年率 3.0%〜15.0%

スコアアップでより良い条件に!J.ScoreのAIスコア・レンディング

個人情報をチャット形式で入力していくことにより、申込者の信用度をスコア化していきます。そのスコアに基づいて借り入れ金額などが決められる、AIを活用したローンです。

さらに細かい情報を入力したり、みずほ銀行、ソフトバンク(またはワイモバイル)、Yahoo!JAPANとの情報を連携させたりして、スコアをさらに上げていくと融資条件も変わっていくという仕組みになっています。

最短で即日融資も可能ですが、まずは、AIスコア診断だけでもやってみてはいかがでしょうか?自分の可能性をスコア化してみるだけでも面白いと思います。

【AIスコア・レンディング】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳以下
申込要件 安定かつ継続した収入のある人
学生、留学生も可
実質年率 0.8%〜15.0%

担保があれば審査なしで大きなお金も借りられる!不動産担保ローン

ある程度まとまったお金を借りたいという人は、不動産を担保にするという方法もあります。

土地や家を担保とするため、大きな金額が借りられるものの、万が一返済できない時には担保とした不動産が売却されてしまうというリスクがあります。

不動産の価値を鑑定しなくてはいけないので審査にも時間がかかります。数日で融資は難しいため、最低でも1週間はかかるでしょう。それ以上かかることもあるので急いでいる時には向いていない方法です。

ただし担保がある分、金利が低めになっているのがメリットで、借り換えや事業資金として借りる人も多いです。

上限金利は10.0%未満のところが多く、融資額は最高で1億円にもなります。

審査は甘くないものの、担保があることから、今自分に収入がなくてもお金を借りられる可能性があります。

例として、楽天銀行の不動産担保ローンをご紹介します。

【楽天銀行・不動産担保ローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳未満
申込要件 ・日本国籍のある人
・永住許可等を得ている人
・継続して安定した収入のある人
実質年率 0.66%〜9.42%

低金利で安全にお金を借りる方法

お金を借りるのに、カードローンを利用するのはどうしても抵抗がある、という人もいると思います。

金利もなるべく低く、なおかつ審査も厳しくない借り方はないだろうか?と思っている人に、いくつか方法をご提案します。

家族・友人から借りる

もし頼れる人がいるのなら、家族や友人、知人など身近な人に相談することも一つの方法です。

金利について融通をきかせてくれるかもしれませんし、返済期日や額についても考慮してくれる可能性があります。

ただし、身近な人だからこそきっちりとすべきところがあります。いくら「返済はいつでもいい」と言われたからといって、その通りにしてはいけません。

  • いつ返済するのか
  • いくらずつ返済するのか

など、借りる前にしっかり話をして、借用書を作りましょう。

お金の関係で人との縁を切らないよう、親しい人から借りるなら筋をしっかり通すようにします。

会社の従業員貸付制度

従業員貸付制度は、勤めている社員にお金を貸す制度のことで、社内融資とも呼ばれます。

審査がないわけではないですが、社内の規定による審査であるため、一般的なカードローンのように信用情報などを照会されることはありません。

つまり、他のローンで滞納したことのあるブラックリスト状態の人でも、勤務状況が悪くなければお金を借りられる可能性があります。

まずは福利厚生の中に従業員貸付制度があるかどうか、調べてみてください。

共済の貸付

公務員であれば、共済の貸付が利用できるでしょう。

会社員の従業員貸付にあたりますが、共済組合でも福利厚生の一つとして共済組合員に対する貸付を行っています。

ただし、遊ぶお金や普段の生活費の補填として使うことはできず、用途が決められている点に注意してください。

  • 住宅や車の購入
  • 子供の教育資金
  • 冠婚葬祭
  • 出産費用

など、決められた使途の範囲内で利用可能です。

金利が1.2%と低いため、用途が決まっているならカードローンを利用するよりも断然お得です。

交番で借りる

交番でも、少額ではありますが、お金を借りることができます。それが公衆接遇弁償費です。

たとえば財布を無くして家に帰れない、というような時に利用できますので、困ったら交番に行ってみましょう。上限は1,000円ですが、帰ることくらいならできるのではないでしょうか。

ただし、他に誰にも頼る人がいないなど、やむを得ない事情のある人のみ利用可能となっています。

審査に通らない人・落ちた人がお金を借りる方法

大手消費者金融や銀行のカードローンの審査に通らない、申し込んだけれど落ちてしまったとお困りの方は、審査が柔軟なローンを検討しましょう。

ただし、必ず審査に通る保証はないですし、貸付である以上、返済能力がなければ借りられません。その点は他のローンと同じです。

中小消費者金融カードローン

中小消費者金融は、大手の消費者金融よりも審査が柔軟なのが魅力。

他社からの借り入れがあって、大手の審査には通らないという人も、中小消費者金融なら通過できる可能性があります。

WEBからの申し込みもできますが、ここはできれば店舗に行って事情を説明した方が得策です。返済についても真摯に相談することで、こちらの要望に寄り添ってくれる可能性があるからです。

もちろん無職だとか、債務整理をしなければならないような状態に陥っていれば審査通過は難しいので、その場合にはいったん待った方が良いでしょう。

生活サポート基金に相談する

生活サポート基金とは、多重債務などで生活が立ち行かなくなってしまった人に貸付を行なっている社団法人です。

とはいえ、審査は当然ありますので、誰でも借りられるわけではありません。

お金を借りるための条件ですが、生活再生の意思があり、ここでお金を借りることによって生活を再建できるであろうということがわかる人のみ、となっています。

今は苦しくて、他のカードローンなどは利用できなかったけれど、借り入れすることによって人生を立て直しできると思う人は、ぜひ相談してみてください。

複数の借り入れがある人はおまとめローンも検討

最初は少額から借り入れていたものの、いつのまにか限度額いっぱいまで借りてしまい、さらに他のカードローンにも申し込んで、いつのまにか借り入れが大きくなってしまった。

そんな人は、おまとめローンを検討してください。返済が楽になる可能性があります。

おまとめローンとは、複数の借り入れを一つにできるローンのことです。

通常は素量規制があるため、年収の3分の1しか借りられませんが、おまとめローンは総量規制の対象外なので、年収に関わらず申し込むことができます。

おまとめローンを使って借り入れを1つにすれば、返済日も1つになるため管理が楽になる他、金額によってはこれまでよりも金利が下がり、総返済額も減らせる可能性があります。

プロミスのおまとめローン

プロミスのおまとめローンは、最大300万円まで借入可能です。

返済回数は最大で120回なので、これまでの借り入れを一つにし、コツコツと返済しやすくなるのではないでしょう。

なお、こちらはWEBでの申し込みができない商品となっています。

  • 自動契約機
  • プロミスコール(電話)
  • 店頭窓口

からの申し込みとなる点だけ、注意してください。

【プロミスのおまとめローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上65歳以下
申込要件 本人に安定した収入があること
借入利率 6.3%〜17.8%

アコムの借り換え専用ローン

アコムのおまとめローンは、これまで貸金業者から借りている金額をまとめた上で、アコムが他社への振り込みまで全てやってくれます。

追加融資はできないという点に注意が必要ですが、まとめなくてはいけないほど借り入れがふくらんでいるなら、いったんきれいにするためにも、追加融資はできない方が返済に集中できるでしょう。

手続きは店舗窓口か自動契約機むじんくんからとなりますが、その場で審査結果を教えてもらえます。契約もその場ででき、300万円まで借り入れ可能となっています。
【貸金業法に基づく借換え専用ローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 本人に安定した収入があること
借入利率 7.7%〜18.0%

WEB完結できるアイフルのおまとめMAX

アイフルを利用したことのある人なら、おまとめMAXが便利です。申し込みから契約手続きまで、全てWEBでできるからです。

一般のカードローンはWEB完結できても、おまとめローンがWEB完結できるところはほとんどありませんので、店舗まで行かずにまとめたいという人におすすめです。

アイフルを利用したことのない人には「かりかえMAX」があります。基本的な内容は同じですが、こちらは契約手続きのみ無人店舗に行く必要があります。もし近くにない場合は、郵送という手段もあります。

限度額が800万円と高いので、他社の借り入れでどうにもならなくなってしまったという人は一度相談してみてはいかがでしょうか。
【アイフルのおまとめMAX】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
申込要件 本人に安定した収入があること
借入利率 3.0%〜17.5%

個人事業主など事業のためのお金を借りるには

ここまでご紹介してきたのは、生活のためのお金やレジャーなど余暇に使うためのお金を借りる方法がほとんどでした。

ここでは、個人事業主などが仕事のためのお金として借りる方法をご紹介します。

カードローンのビジネスローン

カードローンは個人向けの商品が多く、「使途は自由」といいつつも、事業用のお金には使えない場合が多いのです。

そこで、事業用に借りたい時にはビジネスローンを利用しましょう。

ここでは、例としてプロミスの自衛者カードローンをご紹介します。

生活費としても利用できるプロミス自営者カードローン

通常、事業用のローンは決算書など会社関係の書類を用意しなくてはならないですし、審査にも時間がかかります。

しかしプロミスの自営者カードローンは、早ければ即日融資も可能なのです。

融資額は最大300万円と少し少なめに感じるかもしれませんが、大事なのはスピード。とりあえず申し込んでおいて枠を確保しておく、というのもありかもしれません。

事業費のみならず生計費としても使える便利なローンです。ただし、WEB完結はできず、

  • 自動契約機
  • プロミスコール(電話)
  • 店頭窓口

からの申し込みとなります。
【自営者カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上65歳以下
申込要件 自営業者
実質年率 6.3%〜17.8%

日本政策金融公庫で借りる

日本政策金融公庫は、個人向けの低金利融資を行う他、中小企業や小規模事業者への融資も行っています。

全国に150を超える支店があり、起業してまもない人はもちろん、これから起業したい人の支援もしています。

  • 国民生活事業
  • 中小企業事業
  • 農林水産事業

の3つの柱がありますが、小規模企業なら国民生活事業が適しているでしょう。

  1. 一般貸付:事業資金、4,800万円まで。
  2. 経営環境変化対応資金:売り上げが減少し事業が悪化している時。4,800万円まで。
  3. 新規開業資金:新たに事業を始める時。7,200万円まで。

など、まとまった資金を借りることができます。

各支店やオンラインでの相談ができる他、町の商工会議所などでも相談ができます。

金額が大きいため、面談を経て融資額が決定されます。どのくらい借りられるのか、まずは気軽に相談してみましょう。

個人間融資・お金を配る人はNG

個人間融資とは、銀行や消費者金融といった正規の業者を利用することなく、SNSや掲示板などを通じて知らない相手からお金の貸し借りをする行為です。

一時的に友人に借りるといったような個人のやりとりなら問題はありません。しかし、継続して金銭のやりとりをする場合には、たとえ個人であっても貸金業としての登録が必要です。

SNSなどでやり取りしようとする人は、ほとんどこの登録をしていない違法業者であり、法外な利息を要求されたり、個人情報を悪用されたりと、いいことはまったくありません。闇金と同等だと思った方が良いでしょう。

どんなに困っていても、連絡を取ってはいけないですし、本名や口座番号なども教えてはいけません。

事件に巻き込まれることもありますので、SNSや掲示板を通じた個人間融資は絶対に利用しないようにしましょう。

困った時には公的支援を頼ろう

仕事を失ったり収入が減ってしまったりして、一般のカードローンでは審査に通らない、他に借りる当てもないという人は、迷わず公的支援を頼ってください。

融資まで少し時間がかかる場合がありますので、早めに相談することをおすすめします。

都道府県の社会福祉協議会が貸付の審査を行っていることが多いですが、どこに相談したら良いかわからない時はまずお住まいの自治体の役所に行ってみてください。

臨時特例つなぎ資金貸付制度

対象者は住居と仕事のない人です。

他の公的支援を受けることが決まっているけれど、その振り込みまで生活を維持できないという時にはすぐ相談してください。

貸付額は10万円までと小さいですが、無利子でお金を借りられます。

生活福祉資金貸付制度

世帯に対して貸付を行いますので、個人的に収入が減っても家族に収入があれば借りられません。

対象となるのは、以下の世帯です。

  • 低所得者世帯(世帯全員の住民税が非課税)
  • 障害者世帯(世帯主が身体障害者手帳などを持っている)
  • 高齢者世帯(65歳以上の高齢者のみ、またはこれに18歳未満の者が加わっている世帯)

収入が低くても完全な無職では借りられず、かといって世帯としてみて十分な収入がある場合も借りられません。

  • 仕事をしていて住居もある
  • しかし生活は困窮していて納税もできない
  • 自立支援機関のサポートを受けて生活を再生させる意思がある

という条件を備えている人が審査通過の可能性があります。

借りられる資金の種類にはこのようなものがあります。

制度 給付内容
総合福祉資金 ・生活支援費:2人以上の場合、月20万円以内
単身の場合、月15万円以内
・住宅入居費:40万円以内
・一時生活再建費:60万円以内
福祉資金 ・福祉費:580万円以内
緊急小口資金 10万円以内
教育支援資金 ・教育支援費:
高校:3.5万円以内
高専:6万円以内
短大:6万円以内
大学:6.5万円以内
※月額
・就学支度費:50万円以内
不動産担保型生活資金 ・不動産担保型生活資金:月30万円以内(土地の評価額の7割程度)
・要保護世帯向け不動産担保型生活資金:土地及び建物の評価額の
7割程度(集合住宅の場合は50%)、生活扶助額の1.5倍以内

家庭の状況や必要な資金の種類によって借りられる金額が違ってきますので、まずは相談してみましょう。

求職者支援資金融資制度

職業訓練を受けながら生活再建の道を探っているけれど、まだ生活が安定していないために生活費に困っている人は、求職者支援資金融資制度が利用できます。

職業訓練受講給付金を受給しながら受講中で、なおかつハローワークで「求職者支援資金融資要件確認書」をもらっている人は、この制度でお金を借りられます。

金額については以下の通りです。

  • 配偶者、子、父母のいずれかがいる場合:月額上限10万円×受講予定訓練月数
  • 単身者:月額上限5万円×受講予定訓練月数

ともに最大12回分です。

なお、受講予定訓練月数は残っている分についてのみ対象となりますので、すでに受講が済んでいる分については含まれません。

国の教育ローン

先ほど事業者用の貸付としてご紹介した日本政策金融公庫ですが、一般の人への貸付も行なっています。

その一つが、教育一般貸付です。

特徴は、

  • 日本学生支援機構の奨学金と併用できる
  • 受験の前でも申し込みができる
  • 受験費用(受験料、受験のための宿泊費)にも使える
  • 通常は上限350万円のところ一定の要件を満たすと450万円まで借りられる

などがあります。

金利も1.65%と低く、保証料を支払えば連帯保証人も不要で借りられます。

属性別:それぞれに適したお金を借りる方法

ここまでご紹介してきたお金を借りる方法は、誰でも利用できるものとそうでないものがあります。

働き方などによって適したローンが違いますので、審査通過の可能性を高めるためにも、自分にあった借り入れ方法を選ぶことが重要です。

そこで、働き方やライフスタイルによってどのローンが適しているのか、分類してみました。

派遣社員がお金を借りるなら消費者金融カードローン

派遣社員の人は毎月決まったお給料があり、なおかつ一つのところで1年以上働いているのなら、消費者金融カードローンの審査に通る可能性は高いです。

銀行カードローンという選択肢もありますが、メガバンクの審査は消費者金融と比べるとやや厳しい傾向にあります。「年収○円以上」などの条件はないにしても、正社員よりはやや不利になってしまうかもしれません。

審査の通過率を重視するなら、消費者金融カードローンの方が安全です。

銀行カードローンが良い場合には、ネット銀行のカードローンを検討してください。もし口座を持っていれば、本人確認などもスムーズですし、メガバンクの審査と比べると柔軟な傾向があります。

特に、楽天銀行に口座を持っていて楽天市場でよくお買い物をする人は、楽天銀行カードローンがおすすめです。楽天会員はランクに応じて審査を優遇されるからです。

ただ、銀行カードローンは即日融資が難しいため、急いでいるなら消費者金融カードローンが良いでしょう。

アルバイト・パートがお金を借りるには

アルバイトやパートの方も、消費者金融カードローンがおすすめです。

年収の高さに関わらず、安定してさえいれば審査通過の可能性が高いからです。早い時間に申し込めば、即日融資も可能でしょう。

派遣社員と同様、銀行カードローンならネット銀行が狙い目です。

学生は20歳以上ならローンが利用できる

原則として、学生であっても20歳になっていてアルバイト等で自分の収入があれば、消費者金融カードローンが利用できます。

銀行カードローンは「学生不可」としているところも多いので、消費者金融の方が良いでしょう。

なお、学生専門に融資している学生ローンであれば、さらに審査通過の可能性は高くなります。

あまり大きな金額は借りられませんが、友達と旅行に行く程度の金額であれば、アルバイトの収入と学生証でお金が借りられるでしょう。

未成年が借りられるところは限られている

未成年は基本的にお金を借りることができません。ただし、学生ローンなら18歳から貸してくれるところもあります。

会社名 カードローン 特徴
カレッヂ 学生ローン ・実質年率17.0%
・当日振込も可能(14時までに審査が完了すること)
アミーゴ 学生ローン ・実質年率14.40%〜16.80%
・学費目的ローンなら実質年率15.60%
・契約手続き後、最短10分で振込
フレンド田(でん) 学生ローン ・実質年率12.00%〜17.00%
・申し込み当日の融資も可能

専業主婦が自分名義でお金を借りる方法

消費者金融カードローンは自分の安定した収入があることが要件となっていますので、仕事をしていない人は申し込みすらできません。

これは消費者金融が貸金業の規制を受けるためで、返済能力があることを確認しなくてはならないからです。収入がない=返済能力がないとみなされてしまうことから、仕事をしていないと消費者金融は利用できないのです。

その点、銀行カードローンは銀行法によって運営されていますので、貸金業法とは関係ありません。

ですから、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込み可能としているところがあります。

これを配偶者貸付といい、楽天銀行やイオン銀行などは同意書などを取らなくても自分名義で申し込むことが可能です。

年金受給者がお金を借りるには

年金受給者が安全にお金を借りるには、年金担保貸付制度が良いでしょう。しかしながら新規の申し込みは令和4年3月末までとなっていますので、検討は早めにした方がよさそうです。

年金しか収入がない場合、カードローンの申し込みができないことが多いため、もしカードローンを利用するならアルバイトなど定期的な収入が必要です。

ゆうちょ銀行の定期貯金があればそれを担保にお金が借りられますし、持ち家のある人は公的支援の「不動産担保型生活資金」を利用することもできます。

担保があれば仕事をしていなくてもお金が借りられます。

無職の人がお金を借りるには

無職の人は収入がないことから、「安定収入」が条件になっているカードローンでは借りることができません。

何か担保になるものがあればお金を借りられるので、

  • ゆうちょ銀行の定期貯金担保貸付
  • 生命保険の契約者貸付

などがおすすめです。

もしくは、家族や友人に相談してみるという方法もありです。

仕事をしていないなら返すあてがあるのかどうかを気にされると思いますので、今後の就業予定など返済計画について真摯に話し、理解を得ることが大切です。

生活保護受給者がお金を借りるには

生活保護を受けている人は、原則としてお金を借りることができません。それは、生活保護を受けながらお金を借りたら、生活保護の資金から返済することになってしまうからです。

税金を原資としている以上、個人の借金返済にあてることはできないでしょう。

もしどうしても今の生活保護だけで足りない事情があるなら、まずケースワーカーに相談します。追加で一時扶助が受けられるかもしれません。

黙ってお金を借り、それがケースワーカーに知られてしまうと、借金ではなく「収入」とみなされます。生活保護の減額にもつながることですので、黙って借りることだけはおすすめできません。

自己破産済みの人がお金を借りるには

自己破産をした人は、その記録が信用情報機関に残っているため、その間は新たな借り入れをすることがかなり難しいでしょう。クレジットカードも作れません。

5年〜10年たてば記録がなくなり、信用情報がきれいになりますので、借りるならそれを待ってからです。

ただし問題が一つあります。記録はきれいになるのですが、ある程度の年齢になっていて借り入れの一つもないという状態ですと、それが原因で「この人はお金のトラブルがあった人=ホワイト」だろうと思われてしまうということです。

一度もお金を借りたことがない、クレジットカードすら使ったことがないのか、それとも自己破産等の記録が無くなった人なのか、何もない記録からだけでは判断ができません。

ですから、記録がきれいになったところで、比較的審査が柔軟なクレジットカードに申し込みます。銀行系は審査が厳しいので、流通系や消費者金融系のクレジットカードがおすすめです。

流通系とは、スーパーやコンビニなど、お店が直に発行しているクレジットカードのことです。

決して審査が甘いわけではないのですが、専業主婦や学生もOKとしているカードなら審査に通る可能性があります。

クレジットカードが無事に作れたら、コツコツ使って良い信用情報を積み上げていくようにしましょう。そうすれば、以前のようにお金を借りることができるようになるでしょう。

どんなに焦っていても闇金だけには手を出さない!

お金がない、公的支援を待つほどの時間もないと焦ってしまって、怪しい金融業者に手を出してしまう人がいますが、それだけはしないようにしてください。

「審査なし」「誰でも借りられる」といったような、甘い言葉についふらふらと吸い寄せられてしまうかもしれませんが、踏みとどまる時です。

お金を貸す以上、審査が甘いということはなく、まして担保もないのに審査なしでお金を貸してくれるところなどありません。

審査なしでお金を貸すのは100%闇金です。どんなに困っていても、絶対に借りないようにしてください。

安全にお金を借りる方法はたくさんある!自分に合った方法を選ぼう

即日で借りる方法から、時間をかけても低い金利で借りる方法、国の融資など様々なお金を借りる方法をご紹介してきました。

大切なのは、自分の状況やライフスタイルにあった方法を選ぶことです。早い方がいいのか、それとも金利を抑えた方がいいのか、よく考えてから借入先を選びましょう。

また、お金を借りる以上は必ず返さなくてはいけません。今ある生活を圧迫しないよう、無理のない返済計画を立ててから借りるようにすることが大切です。

どうしても急いでお金を借りる必要があるときは、即日融資が可能な消費者金融カードローンを検討してください。早い時間に申し込めば、その日のうちに借り入れできる場合があります。

無利息期間サービスのついたカードローンなら、その期間に返済することで利息の支払いを抑えることも可能。実はお得さでも、他のローンに引けを取りません。

仕事をしていない、他社の借り入れが多い等で新たな借り入れができなくなっている人はぜひ公的支援も頼ってください。

お金を借りる方法は今回ご紹介したようにたくさんありますから、あなたにあった方法が必ず見つかるでしょう。

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る