決まらない前髪も完璧矯正!くせ毛前髪をまっすぐにする方法

決まらない前髪も完璧矯正!くせ毛前髪をまっすぐにする方法のイメージ画像

前髪が決まらない1日はブルーになっちゃう…。そんな思い通りにならない前髪に悩んでいる人は多いはず。特にくせ毛の人は、うねる前髪に格闘する朝を今まで何度も繰り返してきたことでしょう。

しかし一度うねってしまった前髪の場合、いくらまっすぐにしようと思っても、ちょっとした技がないと思い通りにはいきません。そこで、前髪をまっすぐ&綺麗にセットするブロー方法&ステップをご紹介します。

最初は時間がかかるかもしれませんが、慣れてくれば5分で完了する方法です。マスターすれば、毎日美容師さんにセットしてもらったような前髪を作ることができますよ!

また、最後にはセットした前髪を長くキープさせる方法もご紹介。朝はまっすぐで完璧だったのに、夕方にはうねうね前髪になっちゃう…という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.まずは水分で前髪を濡らす

うねってしまった前髪は、ドライヤーだけで伸ばそうとしても、そう簡単には直りません。もともとストレートヘアの人は可能かもしれませんが、くせ毛の持ち主なら困難を極めると言えるでしょう。

そんなうねりを修正するのに有効となるのが、「髪に水分を与えること」。こうすることで内部まで水分が浸透し、うねりが取れやすくなるのです。潤いも与えられますから、髪にコシやハリも出てきますよ。

乾いた状態でくせ毛を必死に伸ばすより、濡れた髪をドライヤーで乾かしながら伸ばすほうが、遥かに時間を短縮できます。これは絶対ですから、覚えておいてくださいね。

水分のかけ方

前髪の根元からしっかり水分を与えます。前髪を片手で掴み、かき分けながらかけると良いでしょう。滴るほどかける必要はありません。ベストなイメージは、シャンプーした後にタオルドライした時の状態です。

使用する水分の種類

水分なら何でもOKというわけではありません。水道水だと塩素で髪を傷めてしまう恐れもあります。必ず寝ぐせを取るためのミストスプレーや、トリートメントシャワーを使用しましょう。安価で済ませたいなら精製水でもOK。

なお、使用するのは前髪ですので、あまりしっとりしない種類のほうがベターです。しっとり系の水分だとベタベタしてしまい、前髪の軽やかさを損なってしまいます。くれぐれもダメージヘアや毛先用とは違うものを使用してくださいね。

2.手ぐしで引っ張りながらブローをする

水分が与えられたら、即ブローに入りましょう。そのまま放っておいたら、またくせ毛を悪化させてしまいます。水分を自然乾燥させることも髪のダメージの原因となりますから、放置は厳禁ですよ。

そしてただ乾かすだけでは意味がありません。手で髪を引っ張って乾かすことで、うねりやクセを取ることができるのです。下にブローの仕方をご紹介しますので、参考にしてみてください。

手で引っ張る時のブローの仕方

前髪を掴み、ドライヤーを根元からかけていきます。この時に、十分に手で髪を引っ張るのがポイント。痛くなるほど引っ張る必要はありませんが、しっかり髪が芯から伸びるように行ってください。

また、髪を前方向だけでなく、左右に引っ張るのもポイント。こうすることで根元から伸ばすことができ、くせ毛矯正に繋がります。その時ドライヤーも左右から、しっかり当ててブローしましょう。

髪を左か右に流す場合、普段流す方向とは逆方向へも、しっかり伸ばしておくことも忘れずに。そうすることでくせも取れやすく、ペタッとならないハリのある前髪を作ることができますよ。

3.ロールブラシでさらに伸ばす

手ぐしで前髪が程良く乾いたら、次はロールブラシを使って伸ばしていきましょう。ブラシにしっかり前髪を絡め、こちらも前方向だけでなく左右に伸ばしていきます。

ツヤを出すブローの仕方

やっぱり髪はツヤツヤしていて、天使の輪が出ているのが理想ですよね。そんなツヤも、ブローの仕方によって出すことが可能なのをご存知でしょうか。

ツヤを出すにはドライヤーの角度が重要となります。ドライヤーの風を髪の流れに沿って当てるのがポイント。こうすることで髪表面のキューティクルが整えられ、ツヤを出すことができるのです。

反対に毛の流れの逆に向かって風を当てると、キューティクルがはがれてツヤの無いバサバサ髪になってしまいます。ブローの際は、風の方向に十分に注意して行ってくださいね。

前髪の場合はロールブラシに髪をしっかり絡めて、上方向からドライヤーを当てて引っ張りましょう。毛先に向かうようにドライヤーを斜めに傾けるのがポイントです。

ロールブラシの種類について

前髪に使うロールブラシは、サイズが小さめのものがオススメ。大き過ぎると短い毛が絡まらず、伸ばすのが困難になってしまうためです。直径3~5cmの商品が最適だと言えるでしょう。

また、髪の痛みが気になるのなら、ブラシの材質にもこだわってみて。やはり天然毛を使った商品がベストです。静電気が起きにくいので髪を傷めず、毛に含まれる油分でツヤを出しながら優しくブローすることができます。毛は豚毛が比較的安価でオススメですよ。

対してプラスチックのブラシは静電気が起きやすく、切れ毛を作りやすいので注意が必要です。プラスチックのほうが扱いやすいのであれば、静電気防止がされているものを選んだほうが良いでしょう。

ドライヤーの種類について

さらにこだわるなら、ドライヤーの種類にも注目してみましょう。オススメなのは、最近流行りのイオンドライヤー。これは髪にツヤを出したり、サラサラにしてくれる効果が高く、美意識の高い女性に大人気となっています。

イオンドライヤーはくせ毛補正効果も高いので、悩んでいる方は一度使ってみてはいかがでしょうか。安価なものではないので、一度店頭で試してみることをオススメします。

4.希望の流れに整え、冷風で冷やす

前髪が十分に伸びたら、土台作りの完成です。ここからはあなたが望む形に前髪をブローしてあげてください。いつもは決まらない…と嘆いていた方も、上のステップをこなしたことで、好みの形にしやすい前髪になっていると気付くはずですよ。

最後に冷風を当てる

十分に前髪を思い通りの形にブローできたら、最後に必ずドライヤーで冷風を当てて冷ましましょう。こうすることで髪が伸びた形で固まり、キープさせることができるのです。

ふんわり前髪にしたいならカーラーがオススメ

女性ならふんわりカールの前髪に憧れる方も多いことでしょう。でも初心者の場合、ドライヤーとロールブラシだけで作るのは難しいと感じることも。

そこでオススメなのがカーラーを使った方法です。カーラーは100均などで売っている安価なものでOK。前髪がしっかり絡み、やや小さめのものを選びましょう。上のステップで十分に伸びた前髪を、カーラーに毛先から巻きつけていきます。

巻きつけておく時間は10分ほどがベスト。しかしクセがかかりにくい方はもっと長くつけているほうが良いでしょう。ドライヤーを軽く当てたり、メイク中にカーラーをつけっぱなしにしておく方法もオススメです。

アイロンを使う時の注意点

くせ毛さんならアイロンを持っている方、使用している方も多いことでしょう。しかしアイロンを使用する際も、上記でご紹介した1~3の水分を与えてブローするステップは忘れずに。

やはりいきなり乾いたくせ毛をアイロンで伸ばすのは時間がかかってしまい、痛みを与えてしまうものですから。美容師さんもいきなりアイロンを使わないのは、そのためなのです。

また、使用の際は一度に多量の髪をアイロンに挟むのではなく、少量ずつを挟んで伸ばしたりクセづけするようにしましょう。これは前髪だけでなく、髪全体に言えることです。

5.スタイリング剤で仕上げる

例え朝はまっすぐにセットできて「完璧!」と思っても、湿気や汗で元通り…なんてことも。それでは朝に頑張ってブローした意味がなくなってしまいますよね。

そうならないためにはブローだけでなく、スタイリング剤を使ったセットの仕上げ方法も身につけておきましょう。これも簡単で効果的な方法ですから、覚えておいて損はありませんよ。

ワックスやオイルを薄くつける

髪が乾いて水分を吸ってしまいやすい状態にあると、汗や湿気を吸って元に戻ってしまいます。それを防ぐため、髪表面をコーティングしておく必要があると言えるでしょう。

また、ワックスのセット効果も大きなメリットがあります。ベタベタしない、サラッとしたセット効果のあるワックスを使うのがポイント。こちらも水分時同様、しっとり系を選ばないのが重要です。

オイルを使用する際は、ごくごく少量でOK。前髪以外の毛先に使った後、手のひらにわずかに残ったものを伸ばす程度で構いません。こうすることで髪の表面がコーティングされ、崩れにくい前髪にすることができますよ。

ただしワックスにせよオイルにせよ、根元にはつけないこと。根元につけると前髪がペタッとしてしまい、軽やかさが失われるためです。毛先を重点的に、毛の流れに沿うようにつけてくださいね。

ヘアスプレーでほどよく固める

崩れやすい前髪をキープするには、固めるタイプのヘアスプレーも効果的です。使い方はとても簡単。セットの仕上げに、前髪にスプレーをかけるだけです。

しかしオススメしたいのは、表面からかける方法ではなく、前髪の裏側にかける方法。この方法だと表面が固まらず、自然な前髪に仕立てることができるのです。

裏側にスプレーをかける時は、手で前髪を持ちあげてスプレーしてください。あまり多く付け過ぎると自然な印象を損なってしまうので、注意してくださいね。

くせ毛前髪をまっすぐにするブロー方法&注意点

  • まずは水分で前髪を濡らす<水道水・しっとり系はNG!>
  • 手ぐしで引っ張りながらブローをする<左右に引っ張りながら>
  • ロールブラシでさらに伸ばす<ドライヤーは毛の流れに沿って>
  • 希望の流れに整え、冷風で冷やす<締めの冷風は絶対!>
  • スタイリング剤で仕上げる<根元にはつけない>

いかがでしたか?上記の流れを覚えておけば、美容室でセットしたような前髪を毎日手に入れることができますよ。最初は慣れずに手こずるかもしれませんが、マスターできるまで頑張って挑戦してみてくださいね!

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る