自力で簡単に!太腿の隙間を作るために今日からすべきこと

自力で簡単に!太腿の隙間を作るために今日からすべきことのイメージ画像

【読み終えるまで約5分】

 太腿に隙間を作って美脚になりたいというのは女性の共通の夢ですよね。

モデルさんのようにすらっと長くて細い美しい足を作るためには絶対に必要なのが太腿と太腿の隙間ですから。

ですが、普段なかなか使うようなところもでもありませんし、地味に肉が付きやすいところでもありますので、なかなか細くならずに、太腿と太腿はお肉でぴったりくっついたまま・・・

鏡を見るたびに残念な気持ちになってしまっている人も少なくはないのではないでしょうか。

そこでここでは太腿の隙間を作るために今日からするべきことというものをご紹介致します。

日常の中で以下のことを習慣づけていってください。

内側に重心をかけて過ごすようにする

人は、生活しながら自分の重心がどこにかかっているかということを考えながら過ごしている人はあまりいないと思います。

したがって、知らず知らずのうちに楽な方へ楽な方へ重心をかけてしまいがちになります。

そうしているうちにどんどんそこに向かって身体は歪んでいき、使われていない筋肉はますます使われなくなっていき、どんどん肉がついていきます。

太腿の肉というのも、そうしてついていってしまったのでしょう。

したがって、太ももをシェイプアップして隙間を作ろうと考えるのであれば、太ももにちゃんと負荷をかけて生活するようにしなければなりません。

そのためには、まず、内側に重心をかけて生活するようにしてみてください。そうすることにより、今まで使っていなかった内腿の筋肉がすごく使われるようになるはずです。

普段使っていない筋肉ですから、ちょっと意識して力を入れて過ごすだけで、直ぐに足がプルプルしてくるでしょう。

それはシェイプされている証拠なので、日々の暮らしの中で常に内側に重心がかかるように過ごしていきましょう。

おそらく今までは外側重心だった

だいたいの人が今までは外側に重心がかかって生活していたはずです。

両足の小指側に重心がかかっているということですね。

そうなるとどうなるかと言いますと、足が外に向かって曲がっていってしまって、O脚のようになっていってしまうのです。

それでも確かにひどくなれば内腿の隙間は出来るかもしれませんが、それでは内腿の隙間よりも膝と膝の隙間の方が気になってしまいますよね。

目指している美脚とは程遠いところにあるのではないかと思います。

したがって、外側重心での生活は、美脚を目指す人にとって非常に問題があるのです。

座っている時でも内側を意識

たっている時はもちろんのこと、座っている時でも内側重心になるように心がけて生活するようにしていってください。

足の土踏まずのあたりから親指のあたりに重さを感じられるようにしておくと自然と内側の重心になると思います。自分の内側にしっかりと重心がかかっているのを感じて、ソレを少しでもキープするようにしていきましょう。

つらくなるとついつい足を組んだり投げ出したりしたくなりがちですが、辛く感じるのはやり慣れていない最初だけですので、是非少しでも長く続けられるようにガンバつて見てください。

歩き方を意識するようにする

歩き方も同じく非常に大切なものです。

何も意識しないで歩いていると、こちらも同じように楽な方へ楽な方へ体重を逃がしてしまい、太ももにはなるべく負荷がかからないようにしようとしてまうものなのです。

できる限り内側重心でかつ、きれいに歩けるようにしていると、特別なエクササイズなどしなくてもきちんと内腿を引き締めていけるものなのです。

逆にせっかく日常の中でこうして改善していけるのに、短い時間のエクササイズで満足してしまう方がもったいないです。

どれだけ集中してエクササイズして、太ももを引き締めようとしても、日常で楽をしていたら、そのエクササイズの効果も表れにくいです。

しかしこうして日常から意識していけばどうでしょう。

太腿はだらっとする猶予を与えられないので、どんどんシェイプされていくはずです。

太腿に効果的な、美脚を作る歩き方

具体的にどのようにして歩くと太腿に効果的に負荷がかけられて足がどんどん美脚になっていくのかと言いますと、かかとから付けてつま先まで流れるように地面につけるということを意識して歩くと良いのです。

かかとから付けて土踏まず、御指の付け根、そして親指から中指で地面を弾く、この流れを流れるようにしていくことで、内腿にかなり負荷をかけることが出来ます。

最初のうちはぎこちない歩き方になってしまうかもしれませんが、ただ歩いているだけではなるので、次第になれてきて、不自然なく歩けるようになっていけるはずです。

なるべくたくさん歩くようにして、身体にこの歩き方が染み付くように、生活をすごしていってください。

上半身も姿勢を正すように

慣れてきたら、下半身だけでなく上半身も姿勢を正すようにしていきましょう。

腰、胸、頭がちゃんとまっすぐになるようにして下さい。

その姿勢を保ったままこの歩き方で歩けるようになると、内腿にもさらなる負荷がかかるようになります。

もちろん内腿だけでなく、全身に負荷がかかるようになるので、慣れてくると全身がきれいに見えるようになっていきます。

もちろん歩いている姿勢もより美しく見えるようになっていくので、内腿の負荷を意識した歩き方をマスターできたら、次はもうワンランクアップして上半身の姿勢も正して歩くようにしてください。

なるべく階段を使うようにする

よりスピーディーに引き締めていき、よりスピーディーに太腿に隙間を作りたいと思ったら、そうして過ごす日常の中で、階段をなるべく多く使うようにしていってください。

階段を登る時の動作というのは、腿あげの動作と同じです。

ですので、日常の中で腿あげトレーニングをすることができるようになるのです。

幸か不幸かこの日本には階段がたくさんあります。狭い国土のおかげか上に上にビルやマンションを伸ばしていくところがあるので、階段を使えるようなシーンは日常でなんども訪れるはずです。

そのたびに階段を使うようにしていけば、自然と腿はよりはやくシェイプアップされていくことでしょう。

その際には、出来る限り腿を上げながら登るようにしてみてください。

もちろん5階以上など、普通に上るだけでもすごく時間がかかりそうなところであれば、無理はしないで良いとは思いますが、3階4階程度であれば、是非腿あげを意識して上るようにしてください。

そのくらいの階であればそうやって登ってもあまり時間はかからないでしょうから。

無理はしない範囲でいいので、出来る限り階段をつかうように、かつ、腿あげをしながら登るようにしてみてください。

お風呂で太腿をマッサージする

そうして日々太腿に、特に内腿に負荷をかけていったら、一日の終わりにしっかりとマッサージしてあげるようにしましょう。

疲れた筋肉をいたわるというのはもちろんのことなのですが、そうすることで太ももの血行がよくなり、余計にシェイプされやすくさせることができるのです。

太腿にたまった余計な水分や老廃物も流していくことが出来ますし、太ももをマッサージすることは非常に大切なことなのです。

また、お風呂の中ですると、身体も冷えませんし、温まって代謝も良い状態ですので、マッサージの効果が余計に出やすくなるという効果があるのです。

お風呂が狭くてちょっとそれは無理だというのであれば、なるべく部屋の中を温めて、かつ湿度も高めた状態で行うようにしてください。

太腿のマッサージ方法

では具体的に太腿をどのようにしてマッサージしていくのかといいますと、決して難しかったり覚えられなかったりするような複雑なものではありません。

膝のあたりから、親指を内腿側に手を足の外側にピタリと付けて、足をタオルのようなものに見立てて内側へ、外側へと絞っていくだけです。そうして絞りながら少しづつ足の付け根の方へ向かっていって下さい。

両手でまずは片方の足をそうして足の付け根まで絞り上げて、それが終わったら今度は反対がわの足をしぼりあげていってください。

強さとしてはちょっとイタいくらいの強さで絞るのが一番丁度良いです。

それ以上の強さで絞っていくとどうしても赤くなったりしてしまいますし、それ以上弱いとさして意味がなくなります。

疲れているということも考慮して、軽くイタいと思うくらいが一番ちょうど良いでしょう。

仕上げに内から外へ流す

そうして絞り終えたら内から外へ流していくようにしていきましょう。

これは何も難しいことではなく、手の平やっても大丈夫ですし、指の第二間接やっても問題ありません。

内腿から外へ、内腿から外へ、とどんどん両手で交互に足の上で流していって下さい。

そうすることで余計な老廃物などが流れていきますので、より太腿に隙間をつくりやすくしてくれます。

毎日の生活の中でしっかりと負荷をかけて、こうして最後にはその疲れをいやすと同時に、余計なものを流していって下さい。

明確な目標をもつことも大切

こうして負荷をかけていけば、日常の生活の中でだって問題なく足はシェイプされていけます。

なりたい足になるためには、なりたい足を明確にイメージすることも大切です。

自分はこういう足になりたいんだという強い目標を持っていないと、途中でめんどくさくなってしまったりもしますから。

しっかり目標をもち、ソレを毎日のように眺めて、その目標に向かって日々これらのことを実行していってください。

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る