男性だけではない、女性の痛風が起こる原因は

男性と女性では体の作りが違います。だからこそ男性だけにしか起こらない病気と女性だけにしか起こらない病気というものが存在します。そしてどちらにも起こるが、発生確率が極端に偏っているということもあります。

そして痛風という病気もその代表的なものです。基本的にはこれは男性に起こる病気であり、女性の方はまず心配はしなくてもよいと言われる病気です。しかし女性も必ず発症しないとは限らない病気でもあります。

そして本来ならないからこそ女性はその対処法に関してはよく知らない方もいるでしょう。では実際にそんな女性の方のために痛風が起きる原因とそれを治療するにはどうしたらいいでしょうか。

痛風とはどんな病気か

http://www.shutterstock.com/ja/pic-149185703/stock-photo-foot-of-gout-patient.html?src=iDg2EiSUSbFPPhDY9euV6w-1-1

まずは原因と対策の前にこの痛風自体がどういう病気か知っておく必要があるでしょう。
痛い風と書いて痛風と呼びますが、その風のように痛みの強弱が変わるからこそ痛風と呼ばれています。

この病気は関節炎を起こすものであり、その結果間接に関わるいたるところな痛みが生じるようになります。実際に進行形で苦しめられている方は、その痛みは嫌というほど味わっているでしょう。それほど痛みがあって苦しい病気なのです。

そしてその痛み自体は先ほどの風のように変わってくると書いたとおりに、治まる時期もありますが、再び痛みが発生して、そのうち常に痛みを感じるか、別の部位に痛みを感じるということになってきてしまいます。

放置すれば他の関節でない部位にも影響を出したり、そのまま重い病気を発症することがあるので、治療をしなければならないのです。

痛風を発症する原因

http://www.shutterstock.com/ja/pic-165106787/stock-photo-hand-with-pen-drawing-the-chemical-formula-of-uric-acid.html?src=UfLJZGwAoswXfjojeXVFcg-1-1

単純に言ってしまえば痛風は尿酸が溜まることで起こります。というのもその溜まった尿酸が固まってしまい、それが間接へと溜まって炎症を起こすことになるからです。

男性に多くて、女性に少ないワケ

男性と女性の体質の違いを見ればその答えは見えてきます。男性の方は男性ワルモンが、女性は女性ホルモンの方が多いです、これは当たり前ですね。そしてその女性ホルモンは尿酸を排出してくれる働きをするので、だからこそ女性は尿酸が溜まりにくい=痛風になりにくいといえるのです。

女性でも発症する原因

と、なれば何故女性でも発症するかその原因は分かると思います。そう、女性ホルモンの働きが低下、もしくは女性ホルモン自体が減っているからこそ女性でも痛風を発症してしまうということです。

そして女性ホルモンというのは他の成分と同じく、年を取るごとに連れて減っていきます。だからこそ女性でも高齢、更年期辺りの方がこの痛風を発症してしまうことがあるのです。それでも男性より尿酸が溜まりにくいので確率としては低いのですが。

痛風の元凶、尿酸が溜まる原因

http://www.shutterstock.com/ja/pic-177259490/stock-photo-meat-and-vegetables-char-grilled-over-flame.html?src=tbjizKRVaGn4dohD8ncrKg-1-90

痛風は尿酸によってもたらされるもの、ということはその尿酸を溜めないようにすればいいというわけです。そのためには尿酸はどういうことをすると溜まってしまうのかということを知る必要があるでしょう。

尿酸の溜まる原因としては

  • 食事の過剰摂取、バランスの乱れ
  • アルコールの過剰摂取
  • ストレス
  • 運動不足・運動のし過ぎ

といったものが挙げられます。

食事が原因

食事を食べ過ぎれば当然そのあらゆる成分を多く摂取してしまうことになります。特にタンパク質や脂質は尿酸の元になるということがあり、それらを多く食べれば当然尿酸が溜まりやすくなるといえるでしょう。

また尿酸を出す原因として有名なのはプリン体というものであり、これが尿酸に変わっていくことで、尿酸が体内に溜まるということになります。そして食事を多く食べたり、バランスが偏ればこのプリン体を多く取り込むことになってしまうのです。

実際に男性の方では肥満の方はこの痛風になりやすいともいわれています。そしてそれは女性の方でも例外ではない原因となるはずです。

アルコールの過剰摂取

最近ではビール等でプリン体の話が出ることもありますが、実際にビールを始めとした醸造酒はプリン体を多く含む飲み物となっています。そのような物を飲みすぎれば当然プリン体が体に溜まり、それで尿酸が溜まってしまうのは想像に難くないことでしょう。

更にはアルコール自体に尿酸の排出の働きを低下させる役目があるといわれます。プリン体の増加+尿酸の排出量低下というダブルパンチで尿酸が残りやすい環境になるということになります。

ストレス

もはや病気=ストレスの図式が成り立つほどストレスは本当に様々な病気の原因となります。というのもストレスは自律神経を狂わせることで体内の働きをおかしくします。ということは尿酸の排出も思うようにならないということになり、その結果尿酸が溜まってしまうということになります。

運動不足

運動をする体が活発化し、そのお陰で新陳代謝が働いて中の廃棄物を排出してくれることになります。ということは普段運動をしないということは新陳代謝の働きが低下して、そのお陰で排出されるものが排出されず廃棄物として残る…ようするに尿酸も溜まってしまうということになります。

運動のしすぎ

運動不足はともかくこちらは解せないという人も多いことでしょう。確かに運動をすればするほど体は活性化するので、やり過ぎという程運動をすればその分排出されるものも排出されて体が健康になると考えてもいいはずです。

ただ、激しい運動をすると実はかえって尿酸が増えてしまうことになります。なので運動をして健康になっているつもりが、実は尿酸が増えるのを手助けしていた、という皮肉な結果へとなってしまうのです。

痛風にならないために

http://www.shutterstock.com/ja/pic-20730001/stock-photo-vibrant-produce-closeup.html?src=P6SsspBOV7yoHKp2Fo9SWw-1-7

痛風にならないためには尿酸を抑えるしかありません。女性なので大丈夫と思わず、まだ発症の心配がない方も用心しておくといいでしょう。

食事を食べ過ぎずバランスよく食べる

食べ過ぎと偏るのがいけないのなら、その逆をすればいいという話です。実際に食べ過ぎと偏りすぎは痛風に限らず他の病気の原因へとなります。なのでそれらを防止するという意味でも実行した方がいいでしょう。

尿酸値を下げる食べ物を摂る

食べ物の中には尿酸値を下げるものもあります。

  • 海藻類…わかめ・ひじき等
  • 野菜類…ホウレンソウ・ニンジン・キャベツ・ごぼう等
  • 果物類…メロン・バナナ等
  • イモ類…さつまいも・じゃがいも等
  • 大豆

といったものがあります。数が少ないわけではないので、これらの食べ物を日頃の食事に取り入れてみるのがいいでしょう。

尿酸値を下げるサプリメントを利用する

上記の下げる食べ物が中々取れないという方はサプリメントを利用するといいでしょう。実際に尿酸値を下げることを目的としてサプリメントは存在するのです。それらを利用すれば食事で取れなくても補うことができます。

ただサプリメントは補うためのものであるので、これだけ頼らずに普段から食べ物でも改善させるように努力をしましょう。

プリン体の多い食べ物を食べない

尿酸値を下げる食べ物がある一方で、食べ物の中にはプリン体を多く含むものがあります。

  • 牛のレバー・牛や豚のステーキ
  • カツオやサンマ、マグロの切り身
  • 白子
  • エビ・カニ

見ての通りに肉や魚が見られます。ようするに肉や魚を偏って食べるとタンパク質の他にもプリン体を多く摂取してしまって、結果的に肥満と痛風がダブルで来てしまうというわけです。

ただ、肉や魚でもプリン体が多くない食べ物があるので、プリン体は気にするが、それらも食べたいという方はそうした種類のを選んで食べるといいでしょう。

アルコールは適量、ビールは飲まない

プリン体を多く含むのがビールであるのならそれを飲まなければいいという話です。幸いビール以外、ワインやウイスキー、日本酒辺りならプリン体がそこまで含まれていないので、それらを飲むようにすればいいでしょう。

ただ全く含まれていないというわけではなく、そしてアルコール自体が尿酸排出の邪魔をしているということを忘れてはいけません。なのでどのアルコールでも飲むとしては適量に抑えましょう。

ストレスを溜めないようにする

これは尿酸、痛風云々というよりはあらゆる病気にならないための対策ともなります。とはいっても一切ストレスを溜めるな、というのは今の社会では難しい話です。なので溜めないというよりは、解消していくようにしましょう。

癒される音楽やいい香りを嗅げばストレスというの解消されます。これらは体を動かさずにできるストレス解消法でもあるので、運動が苦手だったり、中々好きなことをやる時間がないという方はしてみるといいでしょう。

運動をする

当然運動不足で新陳代謝が働いていないのなら運動をする必要があります。ただ、しすぎも逆効果となるので、適度に大きい疲労が出ないように運動をしていくといいでしょう。運動不足の場合には少しの運動だけで疲れてしまうので、最初は少しでだんだんと時間を増やしていきましょう。

尚、運動をすれば汗が出て水分が消費されます。その状態も尿酸値を上げる結果となるので、こまめな水分補給をするように心がけましょう。

女性ホルモンを活性化させる

http://www.shutterstock.com/ja/pic-148300019/stock-photo-hand-with-pen-drawing-the-chemical-formula-of-estrogen.html?src=NP14zUlO50u-Cnyf_qgFwA-1-0

そもそも女性ホルモンの働きが低下することで尿酸が溜まってしまうということになります。ということは単純に言えば女性ホルモンの働きを活発化させれば痛風の予防にもなるということです

これは男性ではやるのは難しい女性ならではの対策方法といえましょう。では実際に女性ホルモンを活発化させるにはどうすればいいでしょうか。

よく眠る

睡眠不足は女性の肌の天敵と言われますが、その理由としては睡眠不足が女性ホルモンのバランスの崩れ、質の低下に繋がるからです。なので寝ない人は女性ホルモンが働かずに肌や髪の毛にハリがなくなってしまうのです。

なので女性ホルモンを守るためにはよく睡眠を取るようにしましょう。特に早い時間に眠るとその分成長ホルモンの方の分泌もあって体の回復にも繋がります。

ストレス解消

こちらは先ほどの尿酸対策と同じですが、ストレスは先ほども書いたように自律神経の乱れで体の機能をおかしくしてしまいますが、それは女性ホルモンに関しても例外ではなく、ストレスによって女性ホルモンの分泌が阻害されてしまうからです。

そして何よりこちらは睡眠にも影響が出るので、先ほどの睡眠を取る行為にも影響が出てきてしまいます。なのでやはりこちらの面でもストレスの解消はした方がいいということなのです。

増やすのを促す食べ物を取る

やはり体を健康にするには食べ物が大切です。そして女性ホルモンに関してもれが例外ではありません。その女性ホルモンのためにいい食べ物とは

  • 豆類…大豆、納豆、みそ
  • 野菜類…キャベツ。カボチャ
  • 果物類…ザクロ・りんご・ぶどう・バナナ
  • にんにく

ということです。見れば分かる通りに一部は尿酸値を下げる食べ物と同じものがあります。なので尿酸値を下げつつ女性ホルモンの分泌を活性化させるということもできるのです。

もちろんこれらも食べ過ぎると過剰摂取へと繋がって、体によくないので気をつけましょう。

サプリメントを使用する

こちらも中々食事で取れないというのならサプリメントを使用して女性ホルモンを活性化させた方がいいでしょう。特に通風になりやすい女性の方はこちらを利用して補うようにした方がいいのかもしれません。

現在は様々なサプリメントが出ていて、それぞれ効果の程も違うので、そうした情報を集めつつ自分で判断して選びましょう。

体を温める

体の冷えは女性ホルモンにもいいものではありません。なので体を温めるようにした方がいいでしょう。

  • 浴槽にゆっくり浸かる
  • 体を温める食べ物を取る
  • 体を冷やすようなことをしない

ということを心がければいいでしょう。特に冷え性の方はそれで女性ホルモンの働きが下がってそれで痛風になる危険性が上がります。

運動する

こちらは尿酸値を下げるのと同じ方法ですね。体の活性化は当たり前ですが女性ホルモンの活性化にも繋げることができますから、ただ尿酸のことを考えると激しい運動をするのはやはりよくないという点には気をつけてください。

基本的には女性が痛風になる確率というのは低いです。しかしその低い確率自分がいつ当たるかは分かりません。そうなれば相当な痛みの毎日を過ごすことになってしまいます。体が衰えれば病気になりやすいのは当たり前ですが、だからといって悲観せずに更年期を迎えた女性こそこれからも人生を過ごすために病気の対策をしていきましょう。

http://www.shutterstock.com/ja/pic-172711166/stock-photo-elderly-woman-with-hand-arthritis-grimace-in-pain.html?src=iDg2EiSUSbFPPhDY9euV6w-1-31

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る