胸を大きくする方法 小さい胸の悩みを解決する魔法のマッサージ

胸を大きくする方法 小さい胸の悩みを解決する魔法のマッサージ
女性の胸に関する悩みは尽きないものです。最近では胸が大きくて太って見えるとか、胸が大きいと洋服が似合わないといった贅沢な悩みも聞きます。

でも、やはり一番深刻な悩みは「胸が小さい」ことでしょう。胸が小さいと女性らしさがアピールできなかったり、自分に自信が持てないという深刻なコンプレックスになったりしやすいのです。

そんな胸が小さいというコンプレックスにさよならして、胸を大きくふっくらとさせるカンタンな方法を試してみませんか?

効率的に胸を大きくするために、まずはバストのしくみを知ろう!

女性の胸の大きさは何で決まるのでしょうか?バストを構成するのは10%が乳腺、そして90%は脂肪組織です。

胸をふくらませるのに重要なのが女性ホルモンであり、この女性ホルモンの分泌が盛んであると乳腺が発達し、乳腺を取り囲むようにくっついている脂肪組織も連動して膨らんでいきます。

痩せると胸が減る(バストが小さくなる)と言われるのは、バストの大部分を構成するのが脂肪組織だからです。痩せて全体的に脂肪が落ちれば、当然バストの脂肪も落ちて減りますから小さくなってしまいやすいのです。

というわけで、胸を大きくしたい人は急激なダイエットは不可!です。どうしてもダイエットしたい場合は、食事の内容に気をつけましょう。

誰でもタダで安全にできる魅力のバストアップマッサージ

いろいろ試したけどやはり効果が出ない、美容外科の豊胸手術でも考えようかという方もいると思います。その場合は、費用や効果、リスクについて十分理解の上で決断してください。

でも、まずはその前に試してみてほしい「魔法のバストアップ方法」をお伝えします。

もうずいぶん前になりますが、若い時に小さな胸が最大のコンプレックスだったという、60歳の一般女性がマスコミにでていました。その女性は、なんと5カップ近くバストアップするという夢を叶えたのです!

その女性の貧乳コンプレックスは、若い時から中年に差し掛かるまで彼女の生活にとても大きな影を落としていたそうです。そして彼女は周囲のからかいや自分に対するコンプレックスから立ち上がり笑顔で生きるために、胸を大きくする方法はないものかと独自のバストアップエクササイズを考え出したのです。

その方法は、根気がいるものの、とても簡単です。安全で好きな時間にできるうえに、若い女性だけでなく、なんと中年・熟年世代の女性にも効果があるのだそうです。この方が自宅サロンで教えていた70歳の女性も胸が大きくなったらしく、小胸の悩みを抱えるどんな人にも効果があるのは有り難いですね。

魔法のバストアップ法 実践編

では、さっそくその方法を簡単にご紹介します。

これが、小さな胸が5カップ近くアップした女性が自ら考案し、同じ胸の小ささに悩む女性に教授しているバストアップのエクササイズです。とても簡単ですので、ふっくらした大きなバストを手に入れるために、次のエクササイズを続けてみてください。
  • 1.胸の前で手の甲を合わせます。合わせた手を押し合わせるようにグーッと力をこめます。(手のひらではなくて手の甲を合わせることに注意)
    これで胸の筋肉を鍛えることができます。
  • 2.ゆっくりと息を吐き出しながら、左右の方向へ合わせた手を動かします。これも胸の筋肉を意識しておこないましょう。
  • 3.どちらか片方の腕を上げます。二の腕の脂肪を手のひらで溶かしながら脂肪を液体にするイメージをしつつ5分間マッサージします。
  • 4.ゆるい液状になった二の腕の脂肪を、バストに流し込むようなイメージをします。しっかり二の腕からバストへ向けて流し込むようなマッサージをします。
  • 5.反対側の腕も同じように二の腕の脂肪をバストへ流し込むようなマッサージをします。片方15分くらいずつおこないましょう。
  • 6.腕からバストへ脂肪を流し込むマッサージの後は、最後にお腹まわりの脂肪をよく揉みほぐしてお腹の脂肪を溶かすイメージします。
    やわらかくゆるくなったお腹の脂肪も上方向へ向けて流し込みます。下腹からバストへ向けて脂肪を持ち上げるようなマッサージをしましょう。

マッサージで得られる効果と、これがバストアップに効く理由

このマッサージでは、ストレッチ効果やリラックス効果、ホルモン調整効果が得られます。胸を触るということ自体が、女性ホルモンの分泌に作用してとても効果があるので、理論的にもかなっています。胸は触られていると大きくなるという都市伝説のような噂も、ただのデマではないのでしょうね。

他にもバストアップマッサージ法は色々あるようですが、どれも簡単で、胸を良くマッサージするというキーポイントは同じです。胸を触ってマッサージすることは、女性やバストにとって良いことが沢山あります。

マッサージをしてリンパの流れが良くなると、老廃物が除去されて栄養素が細胞に流れて活性化します。細胞が活性化すると体内の臓器の活動が活発になり、新陳代謝がよくなってダイエットや美容に最適な身体の状態になるという仕組みです。
そして、バストアップには、女性ホルモンと血液の流れが重要です。リンパの流れを良くすることで自律神経も調整され、女性ホルモンにも働きかけることになります。
参考サイト:バストアップのイヴ
参考ページ:バストアップに効果抜群!?5分でできるリンパトリートメント

胸をマッサージすることが、リンパ液や血液の流れを良くして、さらには細胞や女性ホルモンも活性化することで、胸を大きくすることにつながっていくというわけです。

ただし妊娠中の方は、あまり胸を触ったりマッサージしたりすると、妊娠の経過に影響が出るおそれがあるので避けた方が良いでしょう。

1日1回、忘れずに続けよう!

以上にご紹介したバストアップ法は、脂肪をやわらかく溶かして流すというイメージがとても大切なマッサージなので、一日のうちでは脂肪や筋肉が柔らかくなったお風呂のあとが適しています。

もちろん、「お風呂のあとにできなかったから今日はやめよう」という日がないように、朝起きてすぐでも寝る前でも良いので、時間を見つけて一日一回は必ずおこなうことを続けてください。

継続は力なり!長い目で見てバストアップ効果を実感しよう!

このマッサージによるバストアップ方法は、即効性があるものではなく数か月~年単位で効果が現れるもので、その効果の現れ方にも個人差があるものです。

すぐに効果がでないからといってやめてしまわず、日課のエクササイズに取り入れて、ぜひふっくらとした大きなバストを目指して手に入れてください。

始める前と比べてどれくらい大きくなったか、形が良くなったかなどの変化を楽しみながら、美乳への道を確実に進みましょう。

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る